3型コラーゲンの効果は?おすすめの摂取方法は?

3型コラーゲン 効果

赤ちゃんのような内側からあふれるようなハリは、お肌がなにかと気になる年代にはあこがれ。3型コラーゲンはベビーコラーゲンという別名のとおり、もちもち肌の源です。体の中の3型コラーゲンを増やす方法としておすすめなのが、いま話題の卵殻膜です。

 

卵殻膜には体内の繊維芽細胞を活性化する働きがあります。活性化された繊維芽細胞の3型コラーゲン産生量が3.5倍になったという実験結果があるほど。コラーゲンを食品やサプリで摂るよりも、効率よくコラーゲンを増やすことができます。卵殻膜は吸収率が悪いのが難点。吸収しやすいかたちで配合されているかが、サプリを選ぶポイントです。

 

アドカペリの特徴

髪から足まで全身美容を考えて作られたサプリです。女性を美しく見せる、美しい髪や肌を考えて、卵殻膜・ケラチン・ビオチン・ミネラルを配合。東京大学との共同研究により生まれた、消化吸収を考えた独自の卵殻膜。ケラチンと一緒に、髪や爪の美しさもUPします。1日2〜3粒。亜鉛や鉄、ビタミンEなど、女性の美しさに欠かせない成分がしっかり。幅広い世代から支持のあるサプリです。

価格 9,070円
評価 評価5
備考 1日2〜3粒 亜鉛・鉄・ビタミンE

 

天使のベビーコラーゲンの特徴

卵殻膜+コラーゲントリペプチド+乳酸菌のサプリです。美肌成分もたくさん含む卵殻膜、吸収のよいコラーゲントリペプチド、腸内環境を整え内側から美しくする乳酸菌が一緒に摂れます。卵殻膜は独自の加工技術で微粉末化して配合しています。どこでも摂れるカプセルタイプを、1日めやす2粒。エイジングケアドクター監修のサプリです。

価格 3,300円
評価 評価4
備考 コラーゲントリペプチド・乳酸菌

 

V型ビューティドリンクの特徴

話題の卵殻膜を配合したドリンクタイプのサプリです。吸収の良い水解卵殻膜&卵殻松粉末をWで配合しています。さらに、プロテオグリカンやセラミド、コラーゲンや鉄分などなど、女性に嬉しい成分がぎっしり。1〜3日に1本がめやす。甘酸っぱいマスカット味で飲みやすく仕上がっています。お肌の調子をなるべく早くUPしたいという方におすすめです。

価格 3,780円
評価 評価3
備考 プロテオグリカン・セラミド・コラーゲン

 

V型コラーゲンとは

 

アンチエイジングにはコラーゲンが大切で、食事に積極的に取り入れたりサプリメントやコスメ製品などから補っている人は多いです。ただコラーゲンは1種類のみではなく、体の部位によって存在するタイプが異なっていることはあまり知られていません。多くのサプリメントを見ても、詳細な種類まで記載された製品はごくわずかです。

 

体内に存在するコラーゲンは大きく分けると4タイプあります。体内に最も多く存在しているのはT型ですが、V型コラーゲンは主に皮膚、血管、内臓に存在して、T型との相乗作用によって体内を正常な状態に維持しています。コラーゲンにはタイプごとにそれぞれの働きがあり、健康な肌ではバランスが保たれて存在しています。全てのタイプがバランスよく体内に存在していることが、健康にも美容にも大切です。

 

生まれたての赤ちゃんの肌は、弾力、キメ、ハリがあり、多く女性は大人になっても赤ちゃん肌を維持したいと望んでいます。V型コラーゲンは別名でベビーコラーゲンと呼ばれていて、皮膚のハリ、弾力、キメの維持をする働きも持っているため、美肌維持に欠かせない成分です。しかし20歳を過ぎたあたりから生成力が低下しはじめ、30代後半から40代にかけて急激に減少します。体内での必要量が確保出来なくなると、しわやたるみなどの老化現象が現れます。いつまでも若々しい、美肌を維持したいなら、V型コラーゲンを体内に取り込めばよいということです。体内での生成力がアップ出来れば、くすみのない、ハリやツヤのあるキメの整った肌がよみがえり肌の老化予防として有効です。V型コラーゲンの働きは美肌維持以外に損傷した皮膚の再生もあるので、丈夫な肌のためにも不足しないようにすることが大切です。

 

V型コラーゲンの効果とは

 

コラーゲンは美容の面だけでなく、健康を維持するためにも体内に十分備わっている必要があります。皮膚細胞をはじめとして内臓、血管、関節、髪の毛などを健康的に維持するために不可欠ですが、部位によって働き方が異なっていることから、コラーゲンには複数の種類が存在することが分かっています。例えば皮膚細胞を健康に維持するためにT型とV型が存在しています。T型コラーゲンは体内に最も多く存在していて、皮膚を丈夫に強くすることを目的としています。またV型コラーゲンは新生児の肌に多く存在していることが知られている種類で、肌に弾力やハリをもたらす効果かあります。トラブルを発症しにくくきめが細かい美肌には、T型とV型のコラーゲンがバランスよく存在しているということです。

 

V型コラーゲンは別名ベビーコラーゲンと呼ばれ、赤ちゃんの肌に多く存在しています。赤ちゃんの肌がもちもちとしていてみずみずしいのは、V型コラーゲンの効果によるものです。ただV型はT型と比較すると体内に存在する量はとても少ないです。一般にコラーゲンは加齢によって減少しますが、もともと少ない量しか存在していないため赤ちゃんの時の肌の状態をかとになるまで維持し続けるのは大変です。V型コラーゲンを出来るだけ減らさないようにするには、対外から補うことしかありません。エイジングケア用のコスメ製品にはたいていコラーゲンが配合されていますが、種類が明記されているものはほとんどありません。ハリやうるおいを取り戻す効果を得るにはV型コラーゲンを摂取することです。体内で増殖させる高い効果を持っているのは卵殻膜で、吸収率が高いのは微粉末か加水分解された成分です。

 

V型コラーゲンは卵殻膜から摂取

 

うるおい、ハリがあってキメの細かい肌が維持出来れば、実年齢に関係なく若々し印象になります。美肌のお手本は、新生児の肌と言われています。どんなに肌がきれいな人でも、生まれたばかりの赤ちゃんの肌と比較すると見劣りがするのは、肌細胞に含まれてい栄養素の量に違いがあるためです。

 

肌にはコラーゲンの働きが欠かせない栄養です。ただコラーゲンは肌細胞だけでなく、内臓、軟骨など体内のあらゆる部位に必要で、重要度の高い順に消費されるため、肌のために消費される分が少なくなるとしわやたるみが起こります。若いうちはコラーゲンは体内で生成されるので、極端な生活をしない限りは不足しないのですが、20歳前後から現象しはじめ40歳前後になると急激に減少することが分かっています。美肌だけでなく健康維持のためには、食材やサプリメントが補うことが必要となります。

 

一般にコラーゲンが多く含まれる食材として、ゼラチン質のある、フカヒレ、鶏の皮、豚軟骨などが挙げられますが、コラーゲンにはタイプがあることが解明されています。特に美肌維持に有効なのはV型コラーゲンです。V型コラーゲンの生成に有効な成分を多く含んでいるのは、卵の殻の内側にある卵殻膜がベストです。ただ卵殻膜は食材としては適していませんし、無理に食べたとしても過熱すると成分が失われるので効果はほとんど得られません。また消化吸収が悪いので、効率よく卵殻膜を体内に吸収させてV型コラーゲンを作り出すには、特別な加工技術が必要です。メーカーによっていくつか種類があり、加水分解、粉末、水解卵殻膜粉末などの状態でサプリメントやドリンクに含まれています。エイジングケアとして、コラーゲン配合のコスメ製品を選ぶなら、V型コラーゲンにこだわったタイプが注目されています。

 

V型コラーゲン活性化成分配合の化粧品

 

V型コラーゲンが肌のアンチエイジングに良い効果をもたらすことが解明されてから、いろいろな製薬会社や化粧品メーカーからV型コラーゲンを主成分とした製品が製造・販売されるようになりました。中でも早くからアンチエイジングケア成分のネオダーミルで、スイスに拠点を構えるインデュケム社が開発ました。ネオダーミルはバイオテクノロジーの技術を駆使して作られている成分で、副成分としてプロリン、リシン、銅を配合することによって、V型コラーゲンの生成を促し、美肌のもととなる線維芽細胞を活性化させることを目的としています。ネオダーミルは国内外の、多くのアンチエイジング用化粧品に配合されています。

 

天然成分に含まれるV型コラーゲンに注目して、アンチエイジング用の化粧品を開発・製造・販売をしているのはアルマードです。卵の殻の内側にある卵殻膜にはV型コラーゲンの生成を促す働きがあります。卵殻膜は、民間療法では傷口に張ってけがの治療に利用したという記述があります。卵殻膜には18種類もの必須・非必須アミノ酸や保湿成分が含まれていて、加齢とともに、急激に減少するV型コラーゲンの生成力の維持に効果を発揮します。ただ卵殻膜の状態のままでは体内に吸収されにくいという欠点があります。

 

アルマードの独自技術によって、微粉末化および加水分解して欠点をクリアしたことで、体内で有効に働ける成分にしました。肌を若々しく維持するには体内のV型コラーゲンの生成を活性化させることにカギがあります。バイオの技術を駆使して作られたネオダーミルや天然成分卵殻膜が配合されている化粧品を使えば、加齢によって体内に不足するV型コラーゲンを、化粧品から補えます。年齢にかかわらずいつまでもハリやうるおいのある美肌を維持し続けるのは不可能ではありません。

 

V型コラーゲンサプリの原料は?

 

コラーゲンが配合されたサプリは数多くありますが、そのうちV型に特化したものはあまり多くありません。国内におけるV型コラーゲンサプリのパイオニアとして知られているのはアルマードというメーカーです。アルマードは人間の体内には複数のコラーゲンが存在していることに注目し、特に美肌の維持・回復にはV型コラーゲンが不可欠であることを突き止めました。V型コラーゲンは別名ベビーコラーゲンとも呼ばれていて、赤ちゃんの肌には潤沢に存在しています。肌の弾力・キメ・潤いを維持するには不可欠な成分ですが、加齢とともに急激に減少するため、肌の老化の原因となります。

 

食事からだけでは摂取出来にくいのが特徴で、卵の殻の内側についている卵殻膜という薄い膜に豊富に含まていることが研究の結果判明しました。卵殻膜はゆで卵が上手く剥けない時に、卵にへばりついていて面倒なものと思っている人も多いですが、V型コラーゲンが豊富に含まれていて、繊維芽細胞を活性化させるのに役立ちます。繊維芽細胞は美肌のもととなるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの生成を担っている細胞です。繊維芽細胞が活性化されていれば、若々しい肌が維持でき、劣化すれば肌が老化するので、V型コラーゲンを摂取して働きが衰えないようにすることが大切です。

 

アルマードでは、独自技術によって加水分解して水解卵殻膜粉に、また微粉末に加工することによって、体内で有効活用出来るようにしました。肌質の改善や美肌維持を願っているのなら、アルマードをはじめとする女性の美を追求しているメーカーが製造・販売しているV型コラーゲンを活性化させる成分としたサプリメントを利用するとよいでしょう。